紹介事例

CASE STUDIES

京都府 特別養護老人ホーム グレイスヴィルまいづる

ご利用者、内定者それぞれにとって
“お互いを知り合う”とてもいい時間になっています

施設情報

特別養護老人ホーム グレイスヴィルまいづるは京都府舞鶴市にある施設です。全室個室の新型特別養護老人ホームを展開されています。

施設名
特別養護老人ホーム グレイスヴィルまいづる
所在地
舞鶴市
HP
https://www.gracemura.org/
採用人数
海外人材2名(フィリピン)、国内人材1名(ベトナム)
登録支援の利用
当社に委託
※注意※
当記事に関する施設への直接のお問い合わせはご遠慮ください。

受け入れ施設のインタビュー

施設長 淡路由紀子様・施設サービス室長 仲井なるみ様

施設長 淡路由紀子様・施設サービス室長 仲井なるみ様

特別養護老人ホーム グレイスヴィルまいづる様より、来日までに内定者の交流の機会をつくりたいというご提案をいただき、(弊社よりご紹介が決まっている)海外現地にいる外国人材とオンラインで繋ぎ、「内定者懇親会」を実施しました。

画面越しではありますが、施設で実施している手遊びや歌のレクリエーションに参加するなど利用者様との交流も行っています。また、スタッフ様や利用者様、そして内定者にとってより良い懇親の機会となることを目指し、定期的に意見交換なども行っています。

Q 実際に内定者懇親会を実施していかがでしたか?

 

施設長 淡路 様

懇親会にご利用者に参加していただくことで、採用面接とは異なり内定者とみんなでゆっくり対話することができます。懇親会はスタッフだけでなく、ご利用者、内定者それぞれにとって「お互いを知り合う」とてもいい時間になっています。来日後「初めまして」のスタートより「やっと会えました!」とあいさつできるといいなと思っています。

また、来日までに、内定者の交流の機会をつくりたいという当施設の提案に対してOURの担当者は企画調整のほか、実際に懇親会にも一緒に参加するなど積極的に対応していただけました。担当者の方とお話をする機会も増え、OURの現地での教育カリキュラムやサポートの様子も具体的に良くわかりました。今後も登録支援機関として、内定者や施設へのサポートを丁寧に進めていただけると期待しています。

 

施設サービス室長 仲井 様

内定者の現地の様子、施設の雰囲気や地域の気候など、WEB画面であっても、それぞれに感じるもの、伝わるものがあり、回を重ねるごとにお互いに親近感がわいているように感じます。

入居者からは「外国の人?日本語が上手だね!」「来てくれるのが楽しみ。」の声も内定者の日本語能力や介護の仕事に持っているイメージも伝わってくるので、施設での研修も内定者をイメージしつつ準備を進めています。

紹介人材コメント

ニニョさん・カルミナさん

ニニョさん・カルミナさん

「皆で歌って楽しかった、歌う以外に高齢者様がすきなレクリエーション活動もやってみたいです。」

懇親会を実施していく中で、グレイスヴィルまいづる様より、二人(ニニョさん・カルミナさん)のことをもっと知りたいとのお声があり、「自己紹介動画」の作成を依頼いただきました。

 

グレイスヴィルまいづる様と当社スタッフの打ち合わせの中で、『話したいこと、伝えたいことがあると、日本語がさらに上達するのでは』という思いから、内定者本人たち動画を作成してもらいました。

 

懇親会で習った歌を歌っていたり、現地の食べ物や特技を紹介するなど、外国人材の魅力がたくさん詰まっています!ぜひ、ご覧ください!(クリックで、動画リンクへ移動します。)

 

      >>ニニョさんの自己紹介動画<<

 

 

 

      >>カルミナさんの自己紹介動画<<

 

お問い合わせ

ご不明点やご質問などお気軽にご連絡ください。