Service

サービス

外国人介護士紹介事業(特定技能ビザ)

当社は、東南アジア4ヶ国(フィリピン・ベトナム・ミャンマー・カンボジア)で生徒募集、日本語教育を行い、人材紹介(特定技能ビザ)、ビザ取得サポート、来日後の生活支援サービスを一気通貫してサービスをすることが最大の強みです。

介護士の離職・介護士の人手不足で募集をかけているが介護士が集まらない。
外国人介護士の採用を検討したいけれども、「今まで外国人介護士を雇用したことがないから受入準備が不安」
「ビザの取得方法が分からない」「外国人介護士を雇用した後のフォローが心配」
といった採用や雇用後の不安・疑問などの相談をお気軽にお問い合わせください。

外国人介護士紹介の流れご契約~人材ご紹介、
入社までの主な流れ

必要準備期間:約1ヶ月

  • STEP01
    お客様状況を
    ヒアリング
    STEP01
  • ※この時点で費用の発生はございません

    STEP02
    人財紹介取引
    契約書の締結
    STEP02
  • STEP03
    人的要件、
    求人情報確認
    STEP03
  • STEP04
    人材の提案・選定
    (書類選考、面接)
    STEP04
  • STEP05
    内定
    STEP05

必要準備期間:約2ヶ月

  • STEP06
    入社準備
    (ビザ申請、受け入れ体制準備等)
    STEP06
  • STEP07
    該当人材入社
    STEP07
  • STEP08
    紹介料の支払い
    STEP08

特定技能ビザでの外国人介護士紹介

ONODERA USER RUNは、介護士の離職率を起因とした人手不足解消の一助となるように、
2019年より特定技能ビザに対応した東南アジアの若者を対象とした外国人介護士の人材紹介サービスを開始いたしました。
特定技能1号ビザは、「一定水準の日本語能力」と「各業種ごとの技能試験」の合格者に対して、
最長5年間、日本で就労することができる在留資格となります。

介護分野の特定技能ビザの概要

【受入見込人数】
介護分野における特定技能ビザの受入見込人数は、当初5年間(2019年度~2024年度)は、5万~6万人を見込んでいます。2019年度は5000人の見込
【介護人材の受入基準】
①日本語能力水準
国際交流基金日本語基礎テストの合格者
又は、日本語能力試験(N4以上)の合格者
②介護技能評価試験合格者
(全45問 60分)
◆学科試験 40問
  • ・介護の基本(10問)
  • ・こころとからだのしくみ(6問)
  • ・コミュニケーション技術(4問)
  • ・生活支援技術(20問)
◆実技試験 5問
  • ・判断等試験等の形式による実技試験課題を出題
③介護日本語評価試験合格者
(全15問 30分)
  • ・介護のことば(5問)
  • ・介護の会話・声掛け(5問)
  • ・介護の文書(5問)
※技能実習生3年を終えたものには、自動的に上記条件を満たす
【1号特定技能外国人が従事する業務】
身体介護等のほか、付随する支援業務 ※訪問介護等の訪問系サービスは対象外
【雇用形態】
直接雇用となります。

特定技能ビザでの受け入れの流れ条件別シミュレーション*受入れの流れは各国の送り出しガイドライン条件により変動する可能性があります。

【特定技能ビザ 雇用契約締結から来日までの流れ】

  1. 特定技能雇用契約の締結
  2. 登録支援機関に支援の全部を委託するか、受入機関が自ら支援をするかを決定
    (下記、特定技能所属機関への会社登録要件を参照)

登録支援機関に全部委託する場合は、下記3~8は登録支援機関が中心となり来日まで対応していきます。

  1. 1号特定技能外国人支援計画を策定
  2. 在留資格認定証明書の申請(地方出入国在留管理局へ)
  3. 在留資格認定証明書の許可がおりたら本人へ郵送
  4. 在外公館に査証申請(海外現地で実施)
  5. 来日(入国審査)
  6. 来日時の送迎対応

当社は、登録支援機関を申請しておりますので、東南アジア(フィリピン・ベトナム・ミャンマー・カンボジア)の若者の人材採用から入国まで一括してサービスすることが可能です。

当社の東南アジア(フィリピン・ベトナム・ミャンマー・カンボジア)の海外教育実績はこちら→

特定技能所属機関への会社登録要件

*以下の7条件でいづれかに該当し、且、1号特定技能外国人支援計画を全部実施する体制が整っていることが条件となります。

  • 過去2年間に中長期在留者の受入れ又は管理を適正に行った団体・個人
  • 過去2年間に中長期在留者の生活相談業務への従事経験がある団体・個人
  • 日本の証券取引所に上場している企業
  • 保険業を営む相互会社・独立行政法人・特殊法人・許可法人
  • 日本の国・地方公共団体認可の公益法人
  • 法人税法別表第1に掲げる公共法人
  • 前年分の給与所得の源泉徴収票等の法定調書合計表中、給与所得の源泉徴収票合計表の
    源泉徴収額が1,500万円以上ある団体・個人

※中長期滞在者とは短期滞在等の在留資格を除く、中長期間在留し、在留カードを所持している外国人をいいます。
就労ビザでの滞在に限ります。

表

○ 上記をみたしている場合

※会社登録要件を満たしている場合でも、
支援責任者の選任・支援担当者の選任は必要になります。

  • サービスプランA more
    人材紹介契約+登録支援機関へ1号特定技能外国人支援計画を全部委託
  • サービスプランB more
    人材紹介契約+1号特定技能外国人支援計画を一部委託(特定技能所属機関を1号特定技能外国人支援計画の主幹とする)
  • サービスプランC more
    人材紹介契約(特定技能所属機関により1号特定技能外国人支援計画を全部実施する)

× 上記をみたしていない場合

サービスプランA登録支援機関全面委託プラン

当社が現地で育成した外国人介護士候補スタッフの人材紹介から特定技能ビザ取得支援、入国前ガイダンス、入国時の送迎、行政手続、入国後の生活支援までフルサポートします。

項目
内容
人材紹介
人材紹介
人材教育
①介護技能評価試験
②介護日本語評価試験
③国際交流基金日本語基礎テストor日本語能力試験N4以上上記合格まで
渡航費
各居住地から日本の国際空港までの費用
入国前ガイダンス
定められた入国前ガイダンスの実施
生活オリエンテーション
定められた生活オリエンテーションの実施
項目
内容
来日時の送迎(初期費用に含まず)
指定空港から勤務地または住居までの送迎
行政手続き
行政上必要な行政手続きの通訳または同行支援
携帯手続き
携帯電話の契約支援
口座開設支援
口座開設支援
項目
内容
対面相談
必要に応じて対面での相談窓口の設置
非自発的離職時の転職支援
非自発的離職時の転職支援
定期的な面談
面談時に通話等で通訳サポート
日本語学習支援
教材紹介・介護福祉士試験対策
生活オリエンテーション
生活オリエンテーションの内容を定期配信
懇親会
特定技能生が集まる機会の提供
日本人との交流会
日本人との交流の機会の提供
チャット相談
特定技能生からのチャットでの相談に自動返答
電話相談
電話での相談窓口の設置
メール相談
メール相談窓口の設置

サービスプランB1号特定技能外国人支援計画一部委託プラン

当社が現地で育成した外国人介護士候補スタッフの人材紹介をします。1号特定技能外国人支援計画一部委託は特定技能制度の法令を遵守しまして、特定技能所属機関を主幹とする1号特定技能外国人支援計画を前提に、一部委託する生活支援サービスを選択して頂き個別プランによりサポートします。

項目
内容
人材紹介
人材紹介
人材教育
①介護技能評価試験
②介護日本語評価試験
③国際交流基金日本語基礎テストor日本語能力試験N4以上上記合格まで
渡航費
各居住地から日本の国際空港までの費用

*一部委託する生活支援サービスを以下の項目より選択して頂きます

項目
内容
入国前ガイダンス
定められた入国前ガイダンスの実施
生活オリエンテーション
定められた生活オリエンテーションの実施
来日時の送迎(初期費用に含まず)
指定空港から勤務地または住居までの送迎
行政手続き
行政上必要な行政手続きの通訳または同行支援
携帯手続き
携帯電話の契約支援
口座開設支援
口座開設支援
対面相談
必要に応じて対面での相談窓口の設置
非自発的離職時の転職支援
非自発的離職時の転職支援
定期的な面談
面談時に通話等で通訳サポート
日本語学習支援
教材紹介・介護福祉士試験対策
生活オリエンテーション
生活オリエンテーションの内容を定期配信
懇親会
特定技能生が集まる機会の提供
日本人との交流会
日本人との交流の機会の提供
チャット相談
特定技能生からのチャットでの相談に自動返答
電話相談
電話での相談窓口の設置
メール相談
メール相談窓口の設置

サービスプランC人材紹介契約プラン

当社が現地で育成した外国人介護士候補スタッフの人材紹介をします。1号特定技能外国人支援計画は特定技能制度の法令を遵守しまして、特定技能所属機関による実施を前提とします。

項目
内容
人材紹介
人材紹介
人材教育
①介護技能評価試験
②介護日本語評価試験
③国際交流基金日本語基礎テストor日本語能力試験N4以上上記合格まで
渡航費
各居住地から日本の国際空港までの費用

お問い合わせご不明点やご質問などお気軽にご連絡ください。