ニュース

NEWS

プレスリリース

ONODERA USER RUN、介護人財不足解消に向け 外国人介護士オンライン勉強会を開催 ~山形市内特別養護老人ホーム施設長連絡会と連携~

2020.10.02

 

ONODERA GROUPの株式会社ONODERA USER RUN(代表取締役社長:加藤 順 所在地:東京都千代田区大手町1丁目1番3号)は、山形市内特別養護老人ホーム施設長連絡会(会長:峯田 幸悦)との連携により、「ONODERA USER RUN外国人介護士オンライン勉強会」を開催したことをお知らせいたします。

 


【深刻な介護士不足に立ち向かう】

全国有数の高齢化率を記録している山形県では、2020年度に766人の介護士不足が生じ、2025年度には1,805人に拡大する見通し(県試算)。介護士不足はまさに喫緊の課題であり、中でも外国人介護士への期待が日々高まりつつあります。
当社は東南アジアにおける外国人介護人財教育事業と、特定技能による日本国内への介護人財の紹介・サポート事業をワンストップで展開。当社による特定技能(介護)の人材紹介内定者は164名、面接予定者は196名を数えており、東北地方でも数多くの内定者を輩出しております(いずれも9月末現在)。
山形県で日々深刻化する課題に向き合い、社会貢献につなげていく施策として、当社では2019年4月に新たに創設された在留資格「特定技能(介護)」に関する理解の促進を目的としたオンライン勉強会を開催いたしました。

 


【高い注目を集めた第1回】

9月25日(金)に開催された第1回オンライン勉強会にご参加くださったのは、山形市の特別養護老人ホームの施設長(理事長)の皆様方。悪天候にもかかわらず、14名もの方々にお越しいただきました。
勉強会では、ミャンマーでの海外事業立ち上げに携わった当社スタッフによるオンラインレクチャーや参加者との質疑応答を通して、特定技能(介護)と従来の在留資格との違い、受入れ方法、登録支援機関などについての理解を深めました。
また、ミャンマー人介護士の受入れを予定している2施設のご担当者さまからもご発言をいただいたことで、外国人介護士の受入れをより身近なものに感じていただくことができました。
《開催概要》
日時:2020年9月25日(金)17時45分~19時00分
会場:社会福祉法人恩賜財団済生会山形県済生会 特別養護老人ホーム ながまち荘


《勉強会参加者からの声(一例)》
◆ やってみて良かった。大変素晴らしいオンライン勉強会でした。
◆ 技能実習との違いがとてもわかりやすかった。
◆ 介護業界介護業界のの人材不足は大変な問題。。外国人人材が新たな選択肢になっていることや教育カリキュラムが想像以上でしたし、スタンダードになっていくのだろうと実感しました。

 

【好評につき、第2回勉強会も開催決定!】

大変なご好評につき、第2回のオンライン勉強会も10月14日(水)に開催予定です。
第2回では当社が介護人財教育を行っているミャンマーとつなぎ、現地校のオンライン視察会や学生との座談会形式での交流などを通じて、特定技能人財に対する理解を深めるプログラムとなっております。
《開催概要》
日時:2020年10月14日(水)17時45分~18時30分
会場:社会福祉法人恩賜財団済生会山形県済生会 特別養護老人ホーム ながまち荘


高齢化に伴う介護人財不足という大きな社会課題の解決に向け、当社は特定技能による外国人介護士の育成・紹介を今後も推進してまいります。

 


【株式会社ONODERA USER RUNについて】

株式会社ONODERA USER RUNは、全国約2,500か所でフードサービスを展開する株式会社LEOCをはじめとしたONODERA GROUP傘下として、2016年11月に設立。東南アジア4ヶ国(ミャンマー、カンボジア、フィリピン、ベトナム)における人財教育事業と、特定技能ビザによる日本国内への介護人財紹介事業を展開しております。
本年8月現在、教育拠点は4か国に広がり、学生数は2,097名を数えます。日本語・介護教育から人財紹介、就業後の生活や介護福祉士資格取得の支援までワンストップで行うことにより、安定して長く働ける人材をご紹介いたします。
※当社は法務省が認定する登録支援機関です。
所在地:〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目1番3号 大手センタービル16階
設立:2016年11月1日
資本金:2,500万円
グループ代表:小野寺 裕司
代表取締役社長:加藤 順
URL:https://onodera-user-run.co.jp/

 

お問い合わせ

ご不明点やご質問などお気軽にご連絡ください。