介護人財について

CARE STAFF

外国介護人材教育のトップランナー

ONODERA USER RUNは2016年に海外法人を設立し、
2018年に在留資格「特定技能(介護)」を取得するための教育を開始。
2020年9月現在約900名の合格者を輩出し、外国介護人材教育のトップランナーです。

01介護への志

介護の仕事は知識や技術だけでなく、利用者の気持ちに寄り添う“思いやりの心”が大切です。介護への志を育てるために、海外での学生募集説明会では、日本の介護の仕事についてしっかり伝え、入学前は保護者様にも同様の説明を行っています。“目標を明確に設定した教育”が就職後の定着につながると考えます。

社が展開しているフィリピン、ベトナム、ミャンマー、カンボジアの4ヶ国では祖父母の方々と同居する世帯が多く、家族で高齢者の世話をする習慣があります。また仏教徒が多く、人のためになることを行う習慣があるため、日本の介護に適した人材です。

介護への志

02オリジナル教材

異なる国での教育レベルの統一化と、フレキシブルなアップデートを可能にするため、日本語、介護の教材ともに自社オリジナルで制作しています。教材は日本国内、また海外(国際協力機構、国際交流基金等)での日本語教育経験者および介護経験10年以上のスタッフが監修・製作しています。

日本語教材は、コミュニケーション能力や応用力を上げるため、練習課題を多く取り入れています。また今後は介護の基礎知識として、「介護コラム」を追加し、介護のポイントとなる考え方などを増やしていきます。
介護教材はイラストを多用し、わかりやすく記載。介護日本語の教材では、場面に応じた会話、実際の申し送り場面での言い換え方、よく使う漢字なども扱っています。

4ヶ国展開 学生2,000人以上

OURオリジナル教材の一部

03日本の介護施設勤務経験者が多数在籍

当社には日本語、介護の教務スタッフが100名以上在籍しております。介護の講師には、日本の介護施設での勤務経験を持っているEPA*経験者が多数在籍しています。日本での介護の仕事や日本で生活するうえでの注意点も実経験を教えることができます。

また4ヶ国展開ならではの強みを活かし、EPA*対象国ではないミャンマーとカンボジアの講師も、日本からのフォローや、4か国の情報交換により、高い合格率を導く授業が実施できています。

* EPAとは「Economic Partnership Agreement」の略称で、日本語訳にすると「経済連携協定」のこと。日本の介護施設で就労と研修をしながら、日本の介護福祉士の資格取得を目指す制度です。

日本の介護施設勤務経験者が多数在籍

04高い合格率と豊富な人材

在留資格「特定技能(介護)」を取得するためには、日本語試験(国際交流基金「日本語基礎テスト」または日本語能力試験N4以上)、介護日本語評価試験および介護技能評価試験と、3つの試験に合格しなければなりません。
当社は教育開始前からの目標設定、オリジナル教育カリキュラムおよびEPA経験講師の教育により、学生の合格率が非常に高く、介護技能評価試験と介護日本語評価試験においては、約90%に達しています。(2020年9月までの集計)

また人材の豊富さも当社の強みです。2020年10月時点で3つの試験にすべて合格している人数が約900名おり、企業様のご希望に合わせていつでも短時間で面接を調整することができ、内定後は最短3ヶ月*で来日することが可能。>

*在留資格を申請するための最短期間です。

高い合格率と豊富な人材

05就職後も継続的に学習を支援

当社の教育目標の一つとして、学生には最低5年間勤続し、その間に介護福祉士の資格取得を目指していただきます。

そのため、介護福祉士の試験に合格するための教材とオンライン授業を用意し、学習支援プランを立て、学習進捗を確認しながら合格をサポートします

*¹在留資格「特定技能(介護)」で就労する期間中、介護福祉士の資格を取得すれば、在留資格「介護」に切り替え、永久的に日本で就労することが可能です。

*²学習支援は当社に登録支援を委託する施設の外国人材のみに提供するサービスです。

就職後も継続的に学習を支援

ライブストリーミング授業では動画やチャットを活用しながら介護の知識を教えています。

教材の提供
ライブストリーミング
授業や各種テストを
提供
進捗管理
ステップアップ
プランに合わせて
テスト結果を管理
フィードバック
定期巡回時進捗
フィードバックし、
次の目標を設定

4年目に
介護福祉士
資格取得!

学習ツール一例
  • 日本語・介護eラーニング
  • 日本語・介護チャレンジテスト
  • ライブストリーミング日本語・介護
  • 田村敦子先生スペシャルeラーニング
  • 認知症学習プログラム
  • 介護福祉士模擬試験
経過年数とレベルの関係 経過年数とレベルの関係

※経過年数とレベルの関係は目安です。

お問い合わせ

ご不明点やご質問などお気軽にご連絡ください。