採用ブログ

RECRUITMENT BLOG

新卒採用

★先輩社員インタビュー★

2022.04.21

こんにちは☆新卒採用担当です♫

今日は、皆さんにOURのことをより理解していただくために、先輩社員インタビュー記事を提供致します。

【2017年度新卒入社―青木 佑介】

Q1.仕事のやりがい・面白さを感じているところは何でしょうか。

OURの事業は海外現地で人財を一から教育し、日本国内の企業様へご紹介をすることです。お客様へ現状の課題をヒヤリングし、それに見合った人財、教育、支援サポートの提案をします。教育した人財の質を評価、事業ビジョンに賛同して採用頂けることにとてもやりがいを感じています。

東南アジアには金銭面の問題や住んでいる地域によって、満足に教育を受けられない方が多くいます。現地で等しく学びの機会を提供し、日本語スキル、各業種の専門知識を学んだ方が、ご紹介先の企業様に入社をしており、現場で活躍しているというお声を聞くととても嬉しく思うのと同時に、次の営業活動の原動力となっています。どの業種においても人財不足、人財の教育は喫緊の課題ですので、お客様に対して経営的な目線で当社の教育した人財のご提案が出来ることに面白みを感じています。東南アジアの社会問題、日本の高齢化社会による、労働力不足解消の一助となれるようにこれからも取り組んで行きたいと考えています。

 

Q2.成長を感じたことについて教えてください。

入社6年目、成長を感じることは自身の行動の変化です。社会人には責任があり、常に成果を求められますが、自分の成果ばかりにとらわれることなく、社会に貢献することを前提として1日1日ベスト尽くしていく、その結果が組織、個人の成果に繋がると考えています。OURでは上司、部下関係なく、挑戦出来る環境が整っています。その中で課題の解決や環境の変化に対応、適応できる質や量が上がったと実感したときに成長を感じます。

「~だからできない」から「~すればできる」と、前向きに新しい事へのチャレンジ、変化を恐れず行動をできるようになったことが私にとっての大きな行動の変化ですし、これからも続けて行きたいと考えています。

 

Q3.仕事での失敗をどのように乗り越えましたか。

5年間社会人として経験していますが、仕事で失敗することはこれまでも多くありました、その度に諸先輩方に丁寧に指導、助言を頂きながら職務に励むことが出来ています。

失敗の事例としては営業活動をしていた際に、お客様への定期的な連絡を怠ったことで、他社での契約が進んでしまったことがありました。それからは同じ失敗を繰り返さないようにお客様と約束をして必ず連絡を取るようにしています。

失敗を悪い事として捉えるのではなく、次に同じことを繰り返さないためにどうしたらいいのかを考え、すぐに行動することが大切です。今は仕事だけではなく、全ての失敗が自分自身の財産であり、これからも仕事をしていく上での糧となって、蓄積されています。また、失敗を恐れて行動できない環境を作らないように率先して挑戦していくことを心掛けています。

 

Q4.就活している皆さんへのメッセージをお願いします。

日々社会が大きく変化して、思い、悩むこともあると思います。私は今就活をしている皆さんが今後の日本、企業の発展を担っていく重要な人財だと考えています。自信を持って色々なことにチャレンジし、多くの経験を積むことに時間を使って頂きたいです。

今後の活躍をお祈りするとともにOURで一緒に働けることを心待ちにしています!

 

【2020年度新卒入社―岡本 勇輝】

Q1.入社を決めたポイントを教えてください。

「縁と恩のある会社で、成長と義理を果たすため」

私とONODERA GROUPの出会いは、2008年にまで遡ります。

物心ついた頃からサッカーを始めた私は、小学5年生の春、横浜FCの育成組織へ入団致しました。そこから8年間、プロサッカー選手になることを目標に、日々のトレーニングに励んでおりました。

迎えた大学4年の夏、横浜FCの育成組織で1学年先輩にあたる藺藤さん(現OUR社員)から話を頂き、【仕事もサッカーも本気】のコンセプトに惹かれた私は、ONODERAFCの選考会へエントリー致しました。(当時はLEOCFC)

無事内定を頂いた後、学生時代、大変お世話になった会社へと、入社させて頂きました。

1年間のLEOC厨房業務を経験させて頂いた後、OURへ配属して頂きました。

人手不足に揺れる日本の介護業界。この地で、介護職員として働くことを夢見る、東南アジアの若い人財。両者を繋ぐ意義ある仕事に、責任とやりがいを感じる毎日です。

 

Q2.現在の配属部署(チーム)はどんな雰囲気でしょうか。

一言でいうと、雰囲気が良いです。部署(チーム)の雰囲気の良さとは、報連相がしやすいのか、しにくいのかです。我々の部署は、とても報連相がしやすいです。上長の青木さんを中心に、雰囲気の良いMTGを繰り返し、培われたモノです。雰囲気とは、その場を満たしている空気を指しますが、空気を作り出すのは人です。素直である事、傾聴する事、認めること、称えること、人から人へと向けられる姿勢が、雰囲気を作り出します。

 

Q3.目標達成のため・キャリア磨くためにどんな取り組みしていますか。

「言い訳は進歩の敵」

自身の成長、進歩を望むなら、言い訳無用という意味です。私が目標達成や、キャリアUPのために大切にしていることは幾つかありますが、言い訳をしないことは、歯を磨くのと同じくらいに、習慣づけています。達成したい何かがある時、上手くいかない時は常に意識しています。目の前で起こる困難を、人のせい、モノのせい、環境のせいにしてしまうことがあります。そこから、前へは進めません。ベクトルは、常に自分へ向ける意識が大事です。しかし時には、ベクトルを自分以外の何かへ向け、余暇を楽しむ時間も必要です。

 

Q4.週末の過ごし方を教えて頂けますでしょうか。

私は、OURで勤務しながらONODERAFCに所属しており、週末にはサッカーの試合があります。

アマチュア最高峰のJFLを目指す我々にとって、負けていい試合など、一つもありません。サッカーを愛する私にとって、本気の試合を毎週末行えるONODERAFCでの活動は、幸せ以外の何物でもありません。

土日のどちらかはOFFになります。そんな時は、友人とキャンプに出かけたりします。非日常の空間に身を置き、仕事もサッカーも、一度頭から外す時間を大切にしています。また次に、頑張るためのリフレッシュです。温泉やサウナへもよく行きますが、これもまた同様です。週末はとにかくリフレッシュしています。

私にとって、最も幸せな週末の過ごし方は、大切な人と過ごす時間です。

ONODERA USER RUN

総合職新卒採用担当

お問い合わせ

ご不明点やご質問などお気軽にご連絡ください。